なぜだ、、韓流ドラマにはまってしまう

どうもです。。

わたくしのいけない病気が発動中です。。。

  
そうなんです。。

一つの事に没頭してすると、全てをシャットアウトしてしまうという奇特な性格なんです。。

最近だとタイトル通り、韓流ドラマ

基本、僕は完結しているものであれば一気に1日で見終わらせる性質なんです(;´Д`A

スマホなど、布団の下に埋もれていても全くどうじません。

最近、また一つ見きってしまったドラマ。

  
お嬢さまをお願い】

少しまえのやつですね。YouTubeでたまたま目に付いたんですね。。

あらすじ

ゴージャスな衣装やアクセサリーに身を包み、わがままで高飛車なお嬢さまヘナに扮し、セレブを演じる。

 そしてヘナの執事・ドンチャン役にはユン・サンヒョン! ユン・サンヒョンは『僕の妻はスーパーウーマン』で35歳にして大ブレイクを果たし、本作では、「愛はどうすることもできない」でステキな歌声も披露している。

彼ら二人に、チョン・イル演じる良家出身の弁護士イ・テユン、ムン・チェウォン扮するドンチャンに片想いする靴デザイナー、ヨ・ウィジュらが絡んでいく。


超セレブな大財閥のお嬢様がふたりのイケメンと繰り広げるこのオシャレな恋の行方は…!?

  
わかりやすい設定……(財閥系の設定とかよくあるな)

ここまでハッキリしているところつまりはモロな所にひきこまれてしまうという。。。

主人公の髪色、服装、キャラクター、、、そこに目がいってしまうのは職業病として、

ドラマの展開が読みすいのになんでじゃ!?

なぜハマるのじゃ!!!?

さぁ、、

秋の夜長に、、、皆様もどうぞ観てみるのもいいですよ笑

プロフィール

数店舗経て、2012年にマンツーマンサロンACE-LABを設立。 自身の肌が弱い経験から、天然100%ヘナの効果を実感し実際にインドの工場を視察、現在はサロンワークと共にハナヘナ代理店として正しいヘナの知識を伝えている。 サロンワークでは、特許を取得したヘアカット法 【エフェクティヴテクニック】で家でも再現できるな髪の扱いやすさを追求している。

  • ACELAB 店舗情報
  • お問い合わせ

ACE-LAB WEBSHOP

  • プロ用業務販売
  • 一般向け販売