健康食とは…

http://s.ameblo.jp/muu8/

体内に取り込んだ、重金属類を排出するのが、髪の最大の役割でもある。
いい髪を作るのは、紫外線防止に役立ち、土壌(頭皮)も正常なら排出に関して言うことはない。
髪は、死滅細胞であるが、死んでもなお、外部からの紫外線を遮断し役に立っている。
“ハゲる”ということは、人間自ら余計なことをしたか、必要なことをしなかったか。
余計なことというのは、まさに洗剤。
泡のたつものすべては、油を分解するものであり、そこに良い、悪いは、存在しない。
皮脂を落とせば、常在菌の住む場所がなくなり、頭皮を痛め付ける。
どんなに有名なシャンプーであろうが、どんなにエコだ、ロハスだと謡われようが、泡が立てば皆同じ。
頭皮に見分ける能力はない。
外的要因は、それらにあるが、やはり頭皮を作る、髪を作るのも体内が主である。
土壌の仕組みがそうであるように、いくら外からきをつけても限界がある。
先日の記事でも触れたが、今行っている健康食、健康レシピを否定もしないし、批判もしない。
ただそれだけではやはり不完全だということ。
自然の仕組みのままの食を少しでもいいからとることが大切。
海水から生まれた生物は、海水のバランスをとることで正常になる。
野菜も人間が手を加えないもの。
自然にできたものを少しでも取る。
これが、自然のバランスであり、本来の体作りだ。
1日30品目。
肉を食べれば、野菜は倍。。。。
生き延びる食が、誰でもできない難しい食であるはずもなく。
大豆にしろ豆は豆であり、豆そのもののバランスのままとることがもっとも大切。
なんども書くが、人は、1つの元素にこだわりすぎたゆえバランスを崩したともいえる。
地球上に単体の元素はなく、すべての形あるものが、様々な構成でバランスよく成り立っている。
塩分取りすぎとよく言われるが、精製された塩化ナトリウムばかりの塩分がだめなだけであり
バランスよく自然のまま蒸発させた海水塩は、とりすぎにはならない。
自分で作れる最高のバランス海水塩を毎日少しとることで、通常の食事でも本来の体に近づくことはできるだろう。
視点をせばめず、全体をみて考えてほしい。
700万年前の昔より、人はそうやって生き延びてきた。
いい髪は、体内の様子を表すバロメーター。
健康診断などに行かなくても髪を診ればよくわかる。
うまく体内の毒素を取り除けているか。
人は、地球の一部。
人間だけが特別ではなく、同じ元素なのだ。
今のような生活環境を続ければ、地球はおろか、人までも変化していくことになる。
僕が書いてるこのことが現実にならないように。。。
常識とはなにか?
真剣に判断する時期だ。

プロフィール

数店舗経て、2012年にマンツーマンサロンACE-LABを設立。
自身の肌が弱い経験から、天然100%ヘナの効果を実感し実際にインドの工場を視察、現在はサロンワークと共にハナヘナ代理店として正しいヘナの知識を伝えている。
サロンワークでは、特許を取得したヘアカット法
【エフェクティヴテクニック】で家でも再現できるな髪の扱いやすさを追求している。

  • ACELAB 店舗情報
  • お問い合わせ

ACE-LAB WEBSHOP

  • プロ用業務販売
  • 一般向け販売