【美容師がオススメする】髪がひっかからない鉄板ブラシ!!

こんにちはーー

雨がシトシト降ったりで、

湿気が凄いでてきましたね、、、

美容師さんのblogや動画でも、

色んな湿気対策の情報が氾濫してきますね…
さて、

湿気もさる事ながら、

紫外線やらなんやらの影響でヘアダメージ

というのがついてきます。

ダメージするとまずどんな弊害が起こるか、

一つ、髪がパサパサする。。

一つ、髪が絡まる。。。

一つ、髪が広がる。。。


と、あげればキリがないので、

2つ目の髪が絡まるについて書いてみましょう。


おふろあがりにドライヤーで髪を乾かす前に、

ブラッシングをして髪をとかすと思うのですが、

その時に、毛先からとかす方が多いと思います。

あまりの絡まりなら間違いではないのですが、

実は間違いです。

本来、絡まりというのは、髪の根元から起こっております。

なので、根本からまずは毛の流れを整えなくてはなりません。

つまり、どういうことかというと、

毛先の絡まりの箇所の根元を、

くしなどを使い整列させるといいのです。


(なんという幼稚な図なのでしょうか…)

根元のほうを粗めのクシでこちょこちょっととかしてから毛先にクシを抜くと、

意外と通るようになるんですね。

では、

実際の人だとどうなるか見てみましょう…


右と左で、明らかに違うのがわかりますか??

右側は根元の髪の絡まりと、方向を一定にして、


このブラシで梳かしただけです。
(ひどい絡まりは丁寧にやさぁぁしくですよ!)

とかすという事は、毛流れが一定になるので、

艶もでる理屈なんですね、、

ブラッシング、かなり重要な事です。

濡れている時に、根元を先にとかしてあげるのがミソです☆

なにかの参考になればと思います!

根元を制すものは、毛先を制す!!!!

このブラシは是非家庭に一本!

プロフィール

数店舗経て、2012年にマンツーマンサロンACE-LABを設立。 自身の肌が弱い経験から、天然100%ヘナの効果を実感し実際にインドの工場を視察、現在はサロンワークと共にハナヘナ代理店として正しいヘナの知識を伝えている。 サロンワークでは、特許を取得したヘアカット法 【エフェクティヴテクニック】で家でも再現できるな髪の扱いやすさを追求している。

  • ACELAB 店舗情報
  • お問い合わせ

ACE-LAB WEBSHOP

  • プロ用業務販売
  • 一般向け販売