【ハナヘナ】無色のヘナといわれているアワルについて

ごきげんいかがでしょうか👳🏿!

つい先日、
ドラえもんの道具っていったい
今現在、再現されているのは
あるのだろうか。。

 

と話になり、
調べてみると、、、、
案外、実現してるのが
ある事にびっくりしました、、、

 

身近なやつだと、あのGoogleも、、、
作者の人の想像力に脱帽です😱
皆さんも調べてみてください・・・
自分も常に好奇心を高めていこうと💪💪

 

 

 

 

では、早速。

先日のブログ通り、
今回は、ヘナの中であまり目立っていない
種類があります。
美容室やセルフヘナマスターの方は
知っているとおもうのですが、

 

無色のヘナ

といわれている、
【アワル】

という種類があります。

 

過去にもアワルについては
書いているのですが、
質問があったので、何度でも
書きます😊

 

 

無色というと、全く色が
無いという訳でもありません☆
植物なので、やはり多少は
色味があります。


葉っぱをすりつぶすのと同様、
少し黄色味がかった色があるんですね☆

 

じゃあ、このアワルって使う必要あるの?
ってなると思います🌿

 

ちなみに僕が実際に使用するときは、

トリートメントをつける前の下ごしらえ

として使用します😊

 

料理と一緒で、トリートメントも
下ごしらえが重要なんですよ♪


???

となると思うので、
このアワルという植物の特徴を
小難しくならないように書いて
いきます。

 

まず、水と油は混ざりづらい】

という事を覚えておいてください♪

傷んだ髪というのは、
乾燥していて、パサパサになりますね?

そうなると、パサパサを防ぐために
本来より余計に水を欲しがります。
つまり、

髪の中は水でパンパンに
満たされた状態になります。

水で満たされているので、
トリートメント(油、油分)をいくら
髪につけたとしても、
髪の中の水が邪魔をして、
トリートメントとまざりずらいのです・・

そこで、アワルの登場!!

 

トリートメントをつける前に、
アワルを塗ると、
髪の中の余計な水分を
しっかりと追い出してくれて、
髪を引き締めてくれます。

 

 

例えば、

濡れたタオルを髪だとします☝️

ぐっちょり水を吸っている状態😱😱

 

アワルを塗った後の状態が、

タオルを絞った状態になります。
余計な水分がない状態ですね☝️

 

この状態が髪でも起こり、

最初に話した

【水と油は混ざりずらい】

という事をクリアして、
髪に、トリートメントのノリを
良くする状態にしてくれるんですね😊

 

そうすると、いつもよりさらっとしっとり
としやすい状態を維持しやすくなります♪

それ以外にもアワルには
美白効果という能力もあります。
アワルはヘナ同様に混ぜると粘り気が
でてきます。

その粘り気を利用して、
毛穴の汚れなどを一緒に落とす
事も出来ます。

 

 

実際に手に塗って10分ほど放置すると


(お見苦しい手を…)

 

 

 

流した後は、


右のほうが、白っぽくなっています💪💪

髪と一緒でこの状態の時に、
乳液など、油分を塗ると普段より
ノリが良くなります♪

ファンデーションとかもノリが
良くなりますね♪

 

とまぁ、

天然泥パックにもなるので、
ヘナ通のひとに密かに
人気があります🌿🌿

 

*パックでお肌に使う場合は、
やはり植物ですので、パッチテストは
必須です!!

 

髪の前の下ごしらえ、

いかがでしょうか?

 

お肌も乳液を使う前に、
化粧水などで引き締めると思います。
化粧水の多くは、アルコールが配合
されているタイプもありますが

 

アルコールもお肌の余計な水分を
飛ばす目的もあり、
その後のノリを良くするという事です。

(僕はしみるから乳液だけですが…)

 

今一度、髪のケアのやり方も

お肌のケア同様に考えてみては

いかがでしょうか??

 

では、

髪をやる時にアワルも

お願いします!!

と一言僕に言ってください♪


プロフィール

数店舗経て、2012年にマンツーマンサロンACE-LABを設立。 自身の肌が弱い経験から、天然100%ヘナの効果を実感し実際にインドの工場を視察、現在はサロンワークと共にハナヘナ代理店として正しいヘナの知識を伝えている。 サロンワークでは、特許を取得したヘアカット法 【エフェクティヴテクニック】で家でも再現できるな髪の扱いやすさを追求している。

  • ACELAB 店舗情報
  • お問い合わせ

ACE-LAB WEBSHOP

  • プロ用業務販売
  • 一般向け販売