ヘナ 二度染めってどんな流れでやるの??

ごきげんよう♪

12月、ヘナの消費量が前年より

圧倒的に増えて

これも、皆々様のおかげでございます🙇‍♂️

髪にコシがでた♪艶でました♪

など沢山の感想ありがとうございます😊

僕が伝えているのは、

基本的な部分を改善するのみで、

特別なシャンプーやトリートメント

を使用したほうがいいとは

なにもいいません。

只、相性が良いっていう商品は

必要だなって思った方には

オススメしてます👍💡

それが、ヘナを長く楽しめる

最大の秘訣なのかなという

いまの結論です💡

では、実際の例をご協力いただいたので

書いていきます。

ハナヘナ 二度染め編

前回から1カ月、

根元がおよそ2センチ伸びている状態

絡まりやすい毛質の方で、

乾燥しやすいタイプ。


まずは、

ハナヘナ ナチュラルを、

40グラムにお湯を4倍ほどの量💡

(事前に作り置きをしております。)

たっぷりと、髪がかくれるくらい

塗ります。

塗る量が少ないと染まりムラになりやすいです。
ぬりおえたら、

ラップをし、軽く霧吹きで

乾燥させないようにラップ中を

湿らします💡💡

乾燥すると、染まりづらいです。

およそ、20分〜30分時間を置きます。

(時間を置けば置くほどオレンジが強くなりますが、

二度染の場合はこのくらいの置く時間を目安にやっています)

家でやる場合は、3時間程おいてもいいです👍👍

[一度流した後]

先程、乾燥しやすく水分を吸いやすい

毛質で染めるサイクルが、4週に一回。

なので、インディゴのみだと

黒くなりやすいため

今回使用したのが、

ハナヘナ ハーバルマボガニー

(ナチュラル2:インディゴ8)

に対して、ナチュラルを少々プラス。

伸びている、

根元の部分にのみ塗っていきます💡

塗る時に髪とヘナが乾燥しないように、

霧吹きは近くに用意しておきましょう💡💡

(乾いてしまうと色が上手く出ません。)

塗り終わったら、

ラップをし最初と同じように、

軽く霧吹きをし時間を置きます💡

放置時間は20分〜30分を目安にしています。

家でやる場合は、

最大1時間程おいてもいいです👍👍


時間がきたら、

流すのですが、

この時の流し方も重要になります。

過去記事を参考にしてください💡💡


流している時の、

染まり具合を確認し、

乳化をやる時間もチェックしましょう♪

このくらいまで、

発色したら濃い茶色ぐらいまで

色がでます!


洗いあがり、

乾かす前の状態で、

初めはこのように緑色になりますが、

約1週間で色味が変化するので、

安心してください💡💡

家の場合は、すぐに乾かさずに

タオルでターバンして、

時間を置くとしっかり色が入りやすいです💡


下の写真は、およそ3〜4時間経過したくらい

の色味🌿

最後に

難しそうにかんじますが、

今回使用したナチュラルとハーバルマボガニー。

家でも同じような工程はめんどくさいかも

しれませんが、

頭頂部〜生え際など、

見えるところだけでも

ヘナでケアできたら、

市販のマニキュアなどで、

余計な頭皮への負担も

フリーになり健康的な

髪質と髪のハリ、コシが

10年、20年した時に圧倒的に

周りの方と差がつきます💡

通常のヘアカラーになにか違和感を

持ってる方は、

今すぐご相談を!!!

では!連絡待ってる💪💪!

プロフィール

数店舗経て、2012年にマンツーマンサロンACE-LABを設立。 自身の肌が弱い経験から、天然100%ヘナの効果を実感し実際にインドの工場を視察、現在はサロンワークと共にハナヘナ代理店として正しいヘナの知識を伝えている。 サロンワークでは、特許を取得したヘアカット法 【エフェクティヴテクニック】で家でも再現できるな髪の扱いやすさを追求している。

  • ACELAB 店舗情報
  • お問い合わせ

ACE-LAB WEBSHOP

  • プロ用業務販売
  • 一般向け販売