ゆずぽんがなければ僕は生きていけません!!!

こんにちは🌞

西川口再興戦略を勝手に考えている

オグネーこと小倉です🌞

スマホがちょーし悪く、、

何故だかラインの電話帳も減ったりと

またまた軽いトラブルです、、、

ライン@は問題ないのですが、

ラインのほうにメッセージは読めていない

やつもあると思いますので、

悪しからず、、、、

(便利なのか不便なのかわからないよな笑)

やっぱメルマガとかメールは📩未だ、

固い、、、

と、、、

さていきなりですが、

小さい頃から正確的に

なにか一点に集中する正確で、

例えば、

泥団子を作ったかたも多いと思います。

僕もよく作っていたのですが、

近所の公園に、

小さな山があり、

その山から転がしても割れないように

するにはどうしたらいいんだ!?

と硬さを求めるようになったんですね🌞

その日から、連日のように

ありとあらゆる近所の砂場、

学校の砂場、

はたまた、川の砂、土を集めては

どこの土が1番固いのか試行錯誤を繰り返し、

家の玄関には乾燥させた泥団子が、

沢山あった記憶が今でもあります笑

(最終的に石灰でコーティングし、

磨いていたら鉄のように固くなりました笑)

と、

そんな偏った性格の

僕ですが、

昔から愛してやまないモノがあります。

それが、

これ‼️

↓↓

http://www.mizkan.co.jp/story/

ミツカンのゆずぽん‼️

これで、鍋を食べたら

永遠に白米を食べることが

できるくらい好きです笑

数あるゆずぽんの中で…

ゆずぽんも種類が沢山あります。

例えば、

老舗鍋料理謹製のゆずポン。

ちょい高めの、果肉混じりのゆずポン。

etc…

はたまた、同じミツカンの味ポン。

ポン酢だけでも、

これだけの数があるのですが、

ミツカンのゆずぽんは、

それよりも素晴らしい味わいかたができ、

(こだわりのゆずぽん)

にはない魅力だらけと感じるのです。

皆さん、

鍋を食べたら、間違いなく、

シメの雑炊まで食べる方が多いと思います。

出来上がった雑炊を

それまで使用していたゆずぽんが

入った取り皿に盛る人が大半でしょう💡

盛らない方はその時点で損です。

野菜の出汁や肉の出汁、

魚介をいれていたのであれば、

魚介の出汁が、

絶妙にミックスされたゆずぽん。

その中に、雑炊を落とし込み、

さらに追っかけで、ゆずポンを

小さじ一杯👍

これで味わう雑炊の味は間違いなく‼️

オンリーワンな絶妙な味わい🤤🤤🤤

このミックス感が損なわれないのが、

ミツカンのゆずポンなんです‼️笑

味ポンでは駄目なんです‼️

はたまた、謹製のゆずポンでも駄目なんです‼️

おそらく

開発者の方は、

ここまで楽しんでもらえるように、

ポン酢の粘度や、

舌触り、味の変容、

それを食べる購入者までを想像しながら

今に至っていることかと勝手に推測します💡

ロングセラーの中に、

ゆずぽんの黄金バランスが

隠れていたのかと考えると、

毎日でも、料理に一品使用したいくらい

愛してやまないのです笑

ちなみに、

最近では、ヤマサの生おろしポン酢という商品もおススメです笑

以上、

ぽん酢が大好きすぎるやつからの

投稿でした笑

プロフィール

数店舗経て、2012年にマンツーマンサロンACE-LABを設立。 自身の肌が弱い経験から、天然100%ヘナの効果を実感し実際にインドの工場を視察、現在はサロンワークと共にハナヘナ代理店として正しいヘナの知識を伝えている。 サロンワークでは、特許を取得したヘアカット法 【エフェクティヴテクニック】で家でも再現できるな髪の扱いやすさを追求している。

  • ACELAB 店舗情報
  • お問い合わせ

ACE-LAB WEBSHOP

  • プロ用業務販売
  • 一般向け販売