自宅でハナヘナ アワルトリートメントの使い方の注意点

こんにちは!埼玉県で正しく天然ヘナの使い方を一般の方向けにレクチャー活動をしている、
オグネー事、小倉です(^^♪

ハナヘナ埼玉県

(写真からインド渡航記にJUMP)

東京都内近郊などからも、ヘナ教室に来られたりと非常にありがたく思います♪
(都内の美容室を間借りして出張ヘナもやろうかと計画しているので、
西川口まで来るのが困難なかたは連絡ください(^^♪)

さて、ヘナをやられているかたとの会話で多く声をいただくのが、
知り合いが自分でヘナをやったら、髪がバサバサになってしまった
のですが、なにかアドバイスはありますか??

とよくお話をいただきます・・・

一番はうちに来てもらえれば解決できることなのですが、
感想は人それぞれ違く、「天然ヘナ」をなぜやろうとおもったのか?
によっても話は変わるのです。

ネットの情報だと、ヘナは髪にダメージもなく、頭皮の環境も髪質も
良くなるという事が、たくさん載っています。

間違いではないのですが、

ただ「トリートメント」というイメージだけで
安易に手をだすと、予想外な展開になるので要注意!

従来のイメージだと、つるつるのさらさらぁ~~と一回で
髪が劇的に変わるような期待感がありますが、
まず化学的にトリートメントをしない限りはできません。

では、なぜヘナトリートメントで失敗してしまうのか?
それについて書いていきます(^^♪

天然100%ヘナトリートメントはコーティング能力はない。

パーマやヘアカラーを繰り返している髪は、
健康な髪に比べて、膨らんでたるんでいる状態になります。

また、正常な髪の状態が、よく耳にする弱酸性の状態
ダメージした髪はアルカリ性よりになっています。

この部分がポイントになります。

市販や従来のサロントリートメントは髪がたるんでしまっているところに、
トリートメントをしていることになります。

(現在は手法などでサロントリートメントもかなりレベルが上がりました)

逆に、天然ヘナトリートメントは、酸性領域の数値で、
髪がアルカリに偏ってたるんでいるのを、引き締めて強化することができます。

ここで、重要なことは、髪が引き締まるということ。

この引き締まって強化する状態が、逆に急激に引き締まりすぎると、

髪も驚いて、ギシギシとしたりします。
これを無理やりにとかしたりすると
余計に外的なダメージにつながるので、二重のダメージ要因にもなりうるのです。

引き締まった髪は、余計な水分をはきだしてくれて、
水と油は混ざりづらい状態の改善を手伝ってくれるのです。

要はうまく使いこなさなければ、最悪のトリートメンにも
なりうる

ということも起きます・

まとめ

もともとヘアダメージが進行していると、
ヘナによって髪が櫛も通らなくなることもあるので、
扱いには十二分ご注意ください、

髪がひきしまることは悪いことではありませんが必要最低限のケア
で相乗効果もあるので、是非上手く利用して
素敵なヘナライフを送ってください(^^♪

プロフィール

数店舗経て、2012年にマンツーマンサロンACE-LABを埼玉県川口市に設立。 自身の肌が弱い経験から、天然100%ヘナの効果を実感し実際にインドの工場を視察、現在はサロンワークと共にハナヘナ代理店として正しいヘナの知識を伝えている。 サロンワークのモットーは、[バランス]。ヘナでヘアケアを通して、髪と頭皮を幾つになっても健康に若々しく艶やかでいれるよう日々活動。

  • ACELAB 店舗情報
  • お問い合わせ

ACE-LAB WEBSHOP

  • プロ用業務販売
  • 一般向け販売